みんカラカラコンは安全?

カラコンを選ぶ時に、コスパや可愛さも大切だけど、忘れてはならないのが安全性ですね。

通販などで手軽に買えますが、カラコンは医療機器です。

医療機器とは、何かしらのトラブルが起こった時に生命や健康にリスクを与える可能性があるもので、そのリスクの大きさに応じてランク分けされています。

•クラスⅠ一般医療機器⇒リスクが極めて少ない
•クラスⅡ管理医療機器⇒リスクが比較的低い
•クラスⅢ高度管理医療機器⇒リスクが極めて高い
•クラスⅣ高度管理医療機器⇒リスクが極めて高い

カラコンは、クラスⅢの高度管理医療機器に分類されます。

つまりカラコンは、不具合が起こった時に角膜の損傷や失明などのリスクがあり、適切な管理が必要な医療機器で、薬事法によって、製造・販売には厚生労働省の承認が必要となっています。

日本で買えるカラコンは、大きく2つに分けることができます。

reten04-008高度管理医療機器承認済みカラコン
厚生労働省の厳しい基準をクリアしたカラコンで、承認済みのカラコンには高度管理医療機器承認番号が記載されています。

reten04-008未承認のカラコン
個人輸入の代行を行っている通販ショップで購入したカラコンは、未承認のカラコンになります。

みんカラカラコンは、韓国カラコンで日本では未承認のカラコンになります。

それならみんカラは危険なの?って不安になりますよね。韓国製カラコン=危険というイメージがありますから。

でも、韓国カラコンでも安全性が認められているきちんとした製品はあります。(すべてが危険なら、韓国の人はカラコンしないはずですしね)

みんカラの安全性について

個人輸入で購入したみんカラカラコンは、確かに日本の厚生労働省には承認されていません。だからといって危険と決めつける必要はありません。海外でもコンタクトの規制はあります。

韓国では、「KFDA(韓国食品薬品安全庁)」、アメリカなら「FAD(米国食品医薬品局)」が規制当局になります。日本で厚生労働省の認可を受けるように、韓国カラコンでも、KFDAの承認を受けたカラコンは安全性は保証されています。

もちろんみんカラは、KFDA承認済みカラコンです。だから安心して使うことができますね。

あとは、正しいケアや取り扱いを守って、安全にカラコンのおしゃれを楽しみましょう♪

>>詳細はこちら

このページの先頭へ